Sponsord Link

 

葛飾区の区民葬は安くない?

 

困難

Sponsord Link

 

葛飾区の区民葬というくらい、区でやってるんだから安いんじゃないの?という疑問もよく聞きます。

 

四ツ木斎場を例に葛飾区の区民葬についてまとめてみました。

 

区民葬と普通の葬儀の違い

区民葬と普通の葬儀って何が違うのでしょうか?

 

葛飾区の区民葬とは、区が実際に葬儀を行っているわけではありません。

 

葛飾区にある定められた葬儀社が、区民のためにあらかじめ定められた料金で行う葬儀です。

 

しかし、料金が定められているのは、祭壇料金・霊柩車搬送料金・火葬料金・骨壺の4項目です。

 

他の項目の金額は、区民葬でも各社、異なります。

 

料金が定められている項目も、特に特別なものでもありません。

 

ということは・・・、区民葬も普通の葬儀も、たいしてかわりはないのです。

 

区民葬の合計金額は一定ではない

区民葬には定められた料金がありますが、葬儀にかかる一部の費用だけです。

 

その他にかかる費用は、区民葬を行うそれぞれの葬儀社によって異なります。

 

つまり、葬儀の合計金額は、葬儀社によって異なるのです。

 

区民葬でない、一般の葬儀社の葬儀の方が金額が安い場合もあります。

 

区民葬は安いとは限らない

区民葬とは安いとは限りません。

 

区の補助があるわけでもありません。

 

区民葬を行う葬儀社も利益をあげなくてはなりません、ボランティアではありません。

 

インターネットの方が安い場合があります。

 

それはなぜでしょうか?

 

商店がショッピングモールに勝てないのと同じ理由

区民葬よりインターネットの葬儀の方が安い理由!

 

インターネットで格安の葬儀を行っているのは、資金が豊富な大手の葬儀社です。

 

葬儀を格安で行っても、施行数が多いので利益が出るのです。

 

つまり、町の商店がショッピングモールに勝てないのと同じなのです。

 

(Visited 1 times, 1 visits today)

Sponsord Link