一般葬のデメリット!

簡単!誰でもわかる!

デメリット

Sponsord Link

四ツ木斎場でも一般葬の件数は、年々、減少傾向にあります。

つまり、家族葬や直葬が増えているわけですね。

 

そこで、なぜ一般葬が減っているのか?

そのデメリットについてみていきましょう。

 

一般葬のデメリット

代表的な一般葬のデメリットをあげていきます。

 

●費用が高い

●心身ともに疲れ果てる

●葬儀をした感じがしない

 

これらがよく言われるデメリットですね。

それでは、詳しくみていきましょう。

 

一般葬は費用が高い

一般葬は費用が高い傾向が強いです。

やはり一般葬の場合、多くの参列者が来られる事が考えられますので、それに対応した準備をしなければなりません。

 

大人数に対応するために、広めの葬儀場を借りねばなりません。

広めの斎場に対応した、大きい祭壇、焼香所、記帳所を準備しなければなりません。

大人数に対応するためのスタッフも手配しなければなりません。

家族葬では省略してもよいものも、省略はなかなかできないので、完璧な準備をしなければなりません。

 

料理や返礼品も、それなりのグレードのものを準備するとやはり費用がかさみます。

 

つまり費用が高くなるんですね。

 

心身ともに疲れ果てる

心身ともに疲れ果てる・・・

 

一般葬の場合、たとえば、受付のお手伝いを会社の人や町会の人にお願いしたり・・・

葬儀委員長を地元のお偉いさんに依頼したり・・・

ご住職に対して不備がないか気を使ったり・・・

会社の上司や取引先のお客様に対応したり・・・

あとは一般の参列してくれた方々に気を使ったり・・・

 

喪主としたら気を使いっぱなしなわけです。

これで、みなさん、心身ともに疲れ切ってしまうのです。

 

葬儀をした感じがしない

葬儀をした感じがしない・・・・

というのもよく聞く話です。

 

なぜか・・・・

一般葬は誰かしらに常に気を使っています。

 

故人とのお別れにじっくり時間をかけていることなどできません。

故人とのお別れよりも、参列してくれた方々への気遣いの方をみなさん気にしてまうのです。

 

なので葬儀をした気がしないんですね・・・

 

家族葬が増えている

このような一般葬のデメリットが原因となり家族葬が増えているのです。

また、最近では格安でも質の良い家族葬が増えています。

 

最近では、プロの葬儀社紹介サイトが簡単に安くて良心的な葬儀社を紹介してくれます。

たくさんの人がそちらに流れているんですね。

→2割の人しか知らない!葬儀社の正しい選び方!低価格で評判の葬儀社!

 

四ツ木斎場の格安家族葬

四ツ木斎場で私の知る限りもっとも安い葬儀社があります。

葬儀業界の人たちも依頼する葬儀社で、評判がすごくいいです。

 

専門家も依頼する低価格で素晴らしい葬儀社。

ぜひ、一度、参考にしてください。

→専門家も驚き!一度は必見!格安!最安値の理由!四ツ木斎場の家族葬!

 

無料のメール相談

いきなり電話で相談は、しにくいという方も多いので、無料のメール相談もございます。

些細な質問でも、なんでもお気軽にご相談ください。

→無料でメール相談を希望の方はコチラへ

 

Sponsord Link