四ツ木斎場の一般葬で参列されるご人数が激減しています。

 

参列と弔問

Sponsord Link

 

そのかわりにですが、家族葬と直葬を選ぶ人が増えています。

 

四ツ木斎場の一般葬を例に、参列される人数について、みていきましょう。

 

そもそも一般葬とは

そもそも一般葬とはどんな意味でしょう。

 

一般葬とは、身内が亡くなった事を報告する訃報を、関係各位すべてに発信することです。

 

ですので不特定多数の方が、四ツ木斎場の葬儀に参列されます。

 

激減の理由 家族葬や直葬

一般葬の人数が激減している理由の1つは・・・

 

一般葬が少なくなったことです。

 

四ツ木斎場では、一般葬を行わずに家族葬や直葬を行う人が増えているのです。

 

ですので全体的な一般葬の人数が激減しているのです。

 

激減の理由 一般葬を行っても・・・

最近では一般葬を行っても参列者が少なくなってきています。

 

その理由は、

ご近所付き合いや人間関係の希薄化

高齢化がすすみ参列できない

 

などの理由があげられます。

 

訃報でご案内しても、参列者の数が減ってきているのです。

 

Sponsord Link