一般葬の費用は高い?

家族葬にすべきか?

正解はコレ!

家族葬の値段5

Sponsord Link

四ツ木斎場の一般葬や家族葬を例に、どちらにすべきか、まとめてみました。

 

一般葬の費用について

それでは、まず最初に一般葬と家族葬の費用について、みてみましょう。

一般葬の方が費用は高い、これが普通の人のイメージでしょう。

 

これは基本的には間違いではありません。

一般葬の方が、葬儀場も大きくなければいけませんし、葬儀場が大きくなるにつれて準備する祭壇や道具、設備の規模も大きくなります。

 

また、お棺やその他の葬儀備品のグレードも高くなることが多いです。

総合的にやはり一般葬の方が高額になるでしょう。

 

あまりおススメはできないのですが、実は裏技的に安くする事もできます。

一般葬と言えば、もちろん、200人から300人くらいくる場合もありますよね。

そんな葬儀を、小さめの葬儀場で行うのです。

 

小さめの葬儀場で行うと、大規模な葬儀ほど、経費はかかりません。

しかも、通夜ぶるまいをできる人数も限りがあるので、食事の費用もそんなにかかりません。

お香典だけは増えるが、葬儀の経費があまりかからないんですね。

場合によっては、プラスになる場合もあるでしょう。

 

しかし、このようなやり方は、参列者に迷惑をかける可能性が高くなります。

葬儀場が狭いので、なかなか焼香できず、焼香の列で1時間待ちなどもありえます。

混みすぎて通夜ぶるまいも受けられず、すぐに帰る参列者が多い、なんてことになるのです。

また、同時に他のご家族も葬儀をしている斎場の場合は、他のご家族にも迷惑がかかる場合があります。

 

意図的には、やはり、おすすめできませんね。

 

家族葬の費用について

次に家族葬の費用について、みてみましょう。

家族葬の場合は、やはり費用は安くなる傾向にあります。

 

しかし、それは、本当に10人以下のような家族葬の場合です。

その場合は、葬儀場も小さくてよいので、葬儀場の利用料や道具の費用も安くなるのです。

 

ですが家族葬といっても、だいたい親族が30人くらいはくるのが一般的です。

親族が30人くらい座れる葬儀場というのは、一般葬で利用する葬儀場と同じなのです。

ただ、一般の人がお焼香にくるかどうかの違いだけです。

なので、親族を含めて30人くらいになる場合は、葬儀場の利用料やその他の設備や祭壇の料金は一般葬と変わらないのです。

 

人数が本当に少ないなら家族葬

人数が本当に少ない家族葬なら、費用を抑えられますが・・・

親族が30人となるようであれば、一般葬でもそれほど、変わらないでしょう。

 

親族が多いようであれば、それほど家族葬と一般葬の費用に違いはでません。

 

葬儀社の費用も様々

葬儀社の費用も様々なので、注意が必要です。

昔ながらの葬儀社は高額な傾向が強いです。

 

ネットで格安の一般葬より、昔ながらの葬儀社の家族葬が高いなんてことも・・・

以下の、サイトで安くて素晴らしい葬儀社をご覧下さい。

→2割の人しか知らない!葬儀社の正しい選び方!低価格で評判の葬儀社!

 

四ツ木斎場の本当に安い家族葬

四ツ木斎場の本当に安い家族葬を紹介します。

時間がない場合、ご参考にしてください。

信頼性のある葬儀社です。

→専門家も驚き!一度は必見!格安!最安値の理由!四ツ木斎場の家族葬!

 

無料相談

何事も相談した方が、必ずうまくいきます。

 

ぜひ、ご利用ください。

→無料でメール相談を希望の方はコチラへ

 

Sponsord Link