家族葬の方式とは?

普通の葬儀、つまり一般葬とは何が違うのでしょうか?

 

疑問

Sponsord Link

 

四ツ木斎場の家族葬と一般葬を例にまとめてみました。

 

一般葬と家族葬の違い

一般葬と家族葬の決定的な違いは、一般の参列者がいるかいないか、です。

 

家族葬は、家族や親族だけで、葬儀を執り行います。

 

一般葬は、家族や親族の他に、一般の人々も葬儀に参列してもらいます。

 

家族葬は気が楽

家族葬は一般葬に比べて気が楽です。

 

会社の上司や先輩、取引先の大事なお客様などなど、気を使わなくてはならない人々も来ません。

 

友人達だって、葬儀に参列してくれれば、それなりに気を使わなくてはなりません。

 

家族葬であれば、気を使わなくていいのです。

 

一般葬だと料理や返礼品の個数など、打合せ時点から頭を悩ませなくてはなりません。

 

家族葬は料金が低い傾向

家族葬の場合だと、祭壇や料理、返礼品など、低価格でもさほど問題ありませんね。

 

一般葬の場合だとどうでしょうか・・・・

 

会社の上司、同僚、取引先、友人、などなど来られるのだから・・・・

 

それなりの祭壇、料理、返礼品、と考えざるおえません。

 

そうなると料金が高くなってしまうのです。

 

Sponsord Link