後日に弔問!ココに注意しましょう!

 

玄関

Sponsord Link

 

四ツ木斎場などで家族葬が行われた事を知った方が後日に弔問にお伺いする、と言った場合があります。

 

ご自宅に後日、弔問する場合の注意点をまとめました。

 

最初にご遺族に電話

まずはご遺族にお電話をさしあげて、お悔やみを述べましょう。

 

そして、ご自宅にご弔問にお伺いしてよいか、確認しましょう。

 

ご遺族としても、後日にたくさんの方が、ご自宅にご弔問に来られるのも大変です。

 

場合によっては諸事情により、お断りを受けるかもしれません。

 

もし弔問が可能であれば、いつ、何時頃、お伺いしてもよいかも聞いておきましょう。

 

御近所の目もありますので、服装は喪服または私服、どちらでお伺いすればよいかも聞いておきましょう。

 

お骨が自宅にない

後日にご自宅に弔問にお伺いしようとしたが、お骨がない、という場合もあります。

 

すでに納骨をしてしまった場合です。

 

場合によっては、火葬が終わったらすぐに納骨する場合もあります。

 

その場合、ご自宅のお仏壇に手を合わせるのか、それともお墓参りに方がよいのか、ご遺族とも確認しましょう。

 

持ち物

持ち物ですが、数珠とお香典はお持ちしましょう。

 

仏式の場合ですが、お香典は、四十九日前は御霊前、四十九日後は御仏前となります。

 

服装は喪服がよいでしょう。

 

Sponsord Link