四ツ木斎場で家族葬を行う場合、日取りはの決め方はどのよう

にするのでしょうか?

 

日取り

Sponsord Link

 

日取りの決め方をまとめました。

 

友引は休み

四ツ木斎場は友引の日が休みです。

しかし、友引の日に葬儀や家族葬のお通夜は可能です。

 

いったいどういう事なのでしょうか?

友引の日は、休みとは言っても火葬業務だけが休みなのです。

夜に行うお通夜は行う事ができます。

 

火葬を行う告別式は、友引にはできないのです。

 

なので告別式は友引の日にできないのですから、告別式の

前日に行うお通夜は、友引の前日にはできないのです。

 

友引の前日を業界用語ではびき前と言います。

びき前にお通夜はできないという事ですね。

 

なので日取りを決める時、たとえば15日が友引だとしたら

14日お通夜、15日告別式、という日程は無理なのです。

 

日取りはどう決める

まずは四ツ木斎場の葬儀場の空き状況を確認します。

友引を除いた、空いている日に予約する事ができます。

 

ご遺族の都合、宗教者の都合、葬儀場の空き状況をうまく

あわせて葬儀や家族葬の日取りを決定します。

 

四ツ木斎場の葬儀場の予約は、葬儀社の担当者が行って

くれます。

 

Sponsord Link