葬式の時間ってどれくらいなのでしょうか?

 

午後6時

Sponsord Link

 

四ツ木斎場の家族葬や一般葬を例に、葬式の時間についてみていきましょう。

 

葬式の時間について書く前に

葬式の時間について書く前に・・

 

葬式と言ったら、葬儀と同じ意味で・・・

お通夜と告別式の事になります。

 

なのでお通夜の時間と、告別式の時間にわけて説明していきます。

 

お通夜の時間

四ツ木斎場のお通夜の時間と言えば午後6時開式がほとんどです。

※その他の葬儀場でもほとんどの場合で午後6時に開式でしょう。

 

午後6時に開式して、お通夜の時間はだいたい平均で45分くらいです。

 

ご遺族・ご親族も一般の方々も、午後6時から午後6時45分の間にお焼香を行います。

 

ご遺族、ご親族は午後7時くらいには移動して、お清めのお食事となります。

 

告別式の時間

四ツ木斎場の告別式の開式時間は、午前10時か午前11時がほとんどです。

ここでは午前10時開式を例に説明します。

 

午前10時から開式して、告別式はだいたい45分くらいです。

※ご遺族・ご親族も一般の参列者も、告別式の間にお焼香します。

 

午前10時45分からは、故人と最後のご対面、お別れの儀へとうつります。

 

お別れの儀で、故人とのお別れが済んだら、喪主の挨拶を経て出棺となります。

 

出棺の時間は、だいたい午前11時5分~10分くらいでしょう。

 

一般の参列者は、ご遺族・ご親族の出棺のお見送りをして、帰るのが一般的な流れです。

 

四ツ木斎場で葬儀をご検討の方!ぼったくりに注意!

四ツ木斎場で葬儀をご検討の方は、ぼったくりに注意してください。

 

四ツ木斎場は素晴らしい葬儀場で、料金は誰でも同じですが・・・

依頼する葬儀社によって、葬儀社に支払う葬儀費用やサービスは全然ことなります。

 

いまだに、高額の葬儀費用を請求してくる葬儀社が多いのが現実です。

 

高額葬儀社は低価格の葬儀社に比べて50万とか100万高いとか普通なのです。

ぼったくりにあわないように、ぜひご覧ください。

→専門家も驚き!一度は必見!格安!最安値の理由!四ツ木斎場の家族葬!

 

絶対みて!誰もが高額な葬儀社に依頼する事のないように・・・

誰もが高額な葬儀社に依頼しないですむように・・・・

 

高額な葬儀社は全国どこにでも、たくさんあります。

 

高額葬儀社とは、今の適正価格に合わせず、いまだに昔ながらの高額な葬儀費用を請求している葬儀社です。

 

何も考えないで、葬儀社を選ぶと、すごく高かった、後悔する人が続出なのです。

 

 

誰でも知っていれば、低価格の誠実な葬儀社を選ぶ事ができます。

→2割の人しか知らない!葬儀社の正しい選び方!低価格で評判の葬儀社!

 

Sponsord Link