江東区の火葬のみ!

葬儀社により高い安いがある!

ここが一番大事!

 

これです (2)

Sponsord Link

 

江東区民がよく利用する斎場といえば、四ツ木斎場があります。

四ツ木斎場の火葬のみを例に、高い安い、について確認していきましょう。

 

火葬のみとは・・

まず最初に、ご存じの方も多いと思いますが、火葬のみについて最初に簡単に説明いたします。

家族葬とともに、数が増え続けている代表的な現代葬儀です。

 

家族葬はお通夜や告別式という儀式を行うのに対して、火葬のみ、はすべての儀式を省略します。

その名の通り、火葬だけを行う葬儀形式となります。

 

葬儀には安い高いがある

葬儀には実は安い高いがあります。

 

もちろん、通常の一般の人が参列する葬儀より、家族葬の方が安く、そして家族葬よりも火葬のみの方が安いです。

これは規模の大きさが違いますし、準備するものも異なるから、高い安いがあるのは当たり前です。

 

言いたい事は、この安い高いではなく・・・

同じ葬儀形式でも葬儀社によって料金がぜんぜん違うことも当たり前なのです。

 

葬儀社によって料金が違う

つまり、火葬のみをとって、複数の葬儀社の料金を比較すると・・・

 

葬儀社A 火葬のみ20万円

葬儀社B 火葬のみ30万円

葬儀社C 火葬のみ40万円

 

このように葬儀社によって料金の格差があるのです。

 

質やサービスが違うの?

なぜ、そんなにも料金が違うのでしょうか?

質やサービスが異なるのでしょうか・・・

 

実は、質やサービスにほとんど違いはありません。

その理由を詳しくみてみましょう。

 

昔の葬儀と現代葬儀のギャップ

なぜ葬儀社ごとの料金の格差が、実際、今この瞬間に起きているのか?

 

それは、現代の適正価格の葬儀、と、昔ながらの高額の葬儀、のギャップからきているのです。

 

昔は、葬儀は高くて当たり前、地域密着の商売でライバルもいなかったので高額が当たり前でした。

しかし、ネットで葬儀を依頼するのが当たり前になり始めてから変化が起こり始めました。

 

ネットの場合、地域密着ではなく、たくさんの葬儀社が広いエリアに広告宣伝する事が可能となります。

するとライバル同士の低価格競争が激しくなり、おそろしいほどの低価格になってしまったのです。

 

ネット依頼の現代葬儀では葬儀の適正価格が暴落する一方で、地域密着でいまだにネットの影響を受けない高額の葬儀社もあるのです。

 

現代葬儀の適正価格が絶対いい

ネットの低価格葬儀も、昔ながらの高額葬儀も、その質やサービスにほとんど変わりはありません。

現代の適正価格に合わせているか、昔のままなのか、だけなのです。

 

であれば、現代の適正価格に合わせている低価格の葬儀社の方がいいに決まっていますね。

 

現代葬儀の適正価格の格安葬儀社

現代葬儀の適正価格の格安葬儀社は、今の時代、ネットで簡単に見つかります。

大手の葬儀社紹介サイトが、実績と信頼を積み重ね、誰でも簡単に安くて良い葬儀社を紹介する仕組みを整えたのです。

→2割の人しか知らない!葬儀社の正しい選び方!低価格で評判の葬儀社!

 

四ツ木斎場の適正価格で最安値級葬儀社

四ツ木斎場であれば、ぜひ見て頂きたい、お勧めの葬儀社があります。

最安値級の中でもナンバー1の呼び声も高い葬儀社です。

→専門家も驚き!一度は必見!格安!最安値の理由!四ツ木斎場の家族葬!

 

 

Sponsord Link