一般的に葬儀の生花や供花で2段のスタンド花はほとんど見られません。

 

スタンド花

Sponsord Link

 

私も現場でほぼ見た事がありません。

家族葬や葬儀における生花のスタンド花についてまとめました。

 

2段のスタンド花はほぼない

スタンド花といえば、2段のスタンド花が主流ですよね。

 

お店の開店祝いなどで、よく見ますよね。

 

葬儀や家族葬では、ほとんど見かけません。

 

スタンド花は御祝いの花というイメージが強いからかもしれません。

 

スタンド花はそぐわない

葬儀の場合、多数の生花が出る事がよくあります。

 

それぞれの生花に名札をさして、お焼香所からすべての生花の名札が見えるようにしなくてはなりません。

 

見えるようにしなければ、出していただいた方々に失礼となるからです。

 

その場合、2段のスタンド花のスタイルだと、飾りにくくなりますし、名札をすべて見せるのも大変です。

 

やはりコンパクトなスタイルの方が、葬儀には適しているのです。

 

スタンド花がある場合も・・・

1段のスタンド花は葬儀や家族葬で見られる事もあります。

 

いままでに無宗教の家族葬などで、ご家族の希望で2段のスタンド花を準備した事があります。

 

またお別れ会などでも準備される事もあるそうです。

 

Sponsord Link