直葬の服装は私服でいいのでしょうか?

 

直葬プラン

Sponsord Link

 

直葬の服装についてまとめてみました。

 

四ツ木斎場では家族葬に続き、直葬の数も増えてきています。

 

直葬とは

直葬とは、どんな葬儀形式のことを言うのでしょうか?

 

直葬とは、お通夜や告別式など、儀式的な事はいっさい行わない葬儀形式です。

 

つまり、火葬しか行わないという事です。

 

火葬時刻の15分ほど前にお集まりいただき、火葬炉に故人をお見送りするだけです。

 

火葬場によっては、お別れができる場所もあるので、火葬炉にお見送りする前の3分から5分ほど、お花入れなどお別れをする場合もあります。

 

火葬が終わりましたら、ご収骨を行います。

 

このご収骨をもって直葬のながれは終了となります。

 

直葬の服装は

直葬の服装は私服でもよいのでしょうか?

 

私服ではダメです。

 

喪服にしましょう。

 

直葬とはいえ火葬場に参列

直葬とはいえ、火葬場にお釜の前で故人をお見送りします。

 

そのあとご収骨もあります。

 

服装は喪服でなければ、マナー違反となってしまいます。

 

Sponsord Link