新型コロナウィルスは直葬だけ?

葬儀はできないの?

ウィルス

Sponsord Link

新型コロナウィルスでお亡くなりになると、どういった制限がされるのでしょうか?

四ツ木斎場を例にみていきましょう。

 

葬儀や家族葬はできない

四ツ木斎場で葬儀や家族葬はできないのでしょうか?

現状では、葬儀や家族葬など、お通夜や告別式を行う葬儀形式は、四ツ木斎場でもその他の葬儀場でも不可能なようです。

 

現状、可能なのは直葬(火葬のみ)だけ、と思われます。

ただし、新型コロナウィルスで亡くなられた方の火葬ができる斎場も限定されているようです。

現在、四ツ木斎場では受け入れをしていないようですが、数が増えてくれば、対応することになるのではないでしょうか。

 

通常、火葬は死亡後に24時間以上経過してからという法律があります。

しかし、新型コロナウィルスの場合は、24時間以内に火葬が可能ということです。

 

新型コロナウィルスによる影響は、かなり大きくなっています。

 

典型的な3密

葬儀は典型的な3密です。

密閉・密集・密接ですね。

 

不特定多数のたくさんの方々が来場されて、3密の状態になります。

やはり自粛要請されるのも仕方がありません。

 

志村けんさん、ご逝去

先日、超有名芸能人である志村けんさんが、新型コロナウィルスにより、残念ながらご逝去されました。

8時だよ!全員集合世代としたら、本当に残念で仕方がありません。

 

そして、志村けんさんの場合もやはり、葬儀はできなかったそうです。

しかも、葬儀ができなかっただけでなく、お亡くなりになった後、面会することもできなかったそうです。

次に、ご遺族と志村けんさんが会えたのは、火葬をした後、すでにお骨になったあとだったそうです。

 

火葬の立ち合いもできないなんて、最後まで悲しすぎます。

 

志村けんさんの報道により、葬儀ができない、火葬にも立ち会えないということが、全国的に浸透したかと思われます。

 

実は面会は可能?

実は厚生労働省の新型コロナウィルスの関連業種向けQ&Aに、・・・・

実は面会可能なの?・・・

なんて思わせる、こんなことが書いてあります。

「火葬に先立ち、遺族等が遺体に直接触れることを希望する場合には、遺族等に手袋等の着用をお願いしてください。」

 

現状の世間の対応を考えると、にわかには考えられない事が書いてあります。

本当にこれは大丈夫なんでしょうか?

 

さきほどの文章の前には、以下のような記載もあります。

「遺体について全体を覆う非透過性納体袋に収容・密封することが望ましいです。遺体を密封後に納体袋の表面を消毒してください。遺族等の意向にも配慮しつつ、極力、そのままの状態で火葬するように努めてください。」

とあり、まったくつじつまがあってません。

 

 

こういった情報も正確なものを掲載してほしいものです。

 

四ツ木斎場への影響

新型コロナウィルスは通常の葬儀にも影響を与えています。

四ツ木斎場でも、最近ではごく少人数の家族葬か直葬がほとんどになっているようです。

→2割の人しか知らない!葬儀社の正しい選び方!低価格で評判の葬儀社!

 

四ツ木斎場で少人数の家族葬

最近では本当に安い少人数の家族葬専門の葬儀社もあります。

ぜひ、ご参考にしてください。

→専門家も驚き!一度は必見!格安!最安値の理由!四ツ木斎場の家族葬!

 

事前相談をぜひ

このような状況ですので、ぜひ、事前相談をご検討ください。

 

フリーダイヤル

0120-81-9494

 

無料のメール相談もございます。

→無料でメール相談を希望の方はコチラへ

 

 

Sponsord Link