清めの塩がない葬儀ってどんな葬儀なのでしょうか?

実は宗派によって清めの塩が必要のない宗派があります。

 

清め塩

Sponsord Link

 

四ツ木斎場の家族葬を例に、清めの塩のない葬儀についてみていきましょう。

 

清めの塩がない葬儀

清めの塩がない葬儀って・・・

結論から言いましょう。

 

それは浄土真宗の葬儀です。

浄土真宗は清めの塩を使いません。

 

浄土真宗の葬儀では、四ツ木斎場の家族葬でも、その他の葬儀場でも、清め塩を使いません。

 

浄土真宗はなぜ清めの塩を使わない?

浄土真宗は死を穢れとは考えません。

清めの塩というのは、死を穢れと考え、それを清めるために用いるとされています。

 

つまり浄土真宗は死者を穢れとは考えていないのです。

なので使う必要はないという考え方です。

 

死が穢れってそもそもおかしい・・・

大事な家族が亡くなって、その故人を穢れと呼ぶこと自体がおかしくないですか?

誰も、死んでしまった家族を穢れとなんて考えないですよね・・・

 

しかし、浄土真宗以外の、ほとんどの仏教ではそう考えるのです。

 

迷信が迷信を呼ぶ・・・

なぜ、死んでしまった大事な家族を穢れと考えるようになったのか・・・

それは、本当に昔からの迷信によるのです。

 

まだ医療や医学が発達していなかった時、死んだ後の身体の腐敗をみて・・・・

人々はどのように考えたと思いますか?

 

悪霊や何か悪いものに、取りつかれたと考えたのです。

医療や医学が発達していなかったのですから、いたしかたないところもあります。

 

そこから、死者の身体を悪霊の穢れから守るために清める・・・こういう考え方だったのです。

それ以降は、迷信が迷信を呼び、いまに至ると思います。

 

何が正しいのかは自分で決める

何が正しいのかは自分で決めましょう。

別に宗教が必ず正しいわけではありません。

 

宗教は、ある意味、迷信が迷信を呼んで発展してきたとも言えるのです。

宗教にこだわる必要もないのです。

無宗教で自分の信じた道をゆくのが、一番正しいかもしれません。

 

最後に1つ・・・

清めの塩、どのように思われたでしょうか?

特に清めの塩がないからといって、なんの問題もないのです。

仏教を信仰するか、仏教にとらわれない考え方をするか・・・それは自分の自由です。

 

最後に1つ、今、葬儀業界には重大な問題が起きています。

それは、葬儀をする人がどんどん減ってきています。

 

それはなぜかというと・・・

葬儀が高すぎるからです。

 

葬儀ができない、しない、もうしない

そうです。

葬儀が減っている原因は・・・

葬儀が高すぎてできない、葬儀をやる気がしない、葬儀はもうしない

 

これでは大事な人の葬儀もできない、という事です。

大変悲しいことです。

 

葬儀費用が安くて、サービスも質も良い葬儀社があれば・・・

 

実は安くて質もサービスも良い葬儀社があります・・・

 

実は安くて質もサービスも良い葬儀社があるのです。

 

これを知ってさえいれば、もっとたくさんの方々が葬儀ができたかもしれません。

みなさんも将来的に無関係ではありません。

ぜひ、ご覧ください。

→2割の人しか知らない!葬儀社の正しい選び方!低価格で評判の葬儀社!

 

四ツ木斎場の安くて質もサービスも良い葬儀社

 

すぐにでも、四ツ木斎場の安くて質もサービスも良い葬儀社が知りたい!

という方もいると思います。

 

ぜひ参考にしてください。

→専門家も驚き!一度は必見!格安!最安値の理由!四ツ木斎場の家族葬!

 

 

 

Sponsord Link