四ツ木斎場で家族葬を行う場合のセレモニーホール

Sponsord Link

四ツ木斎場で家族葬を行う場合のセレモニーホールは

どんな特徴があるか、説明していきますね。

 

四ツ木斎場のセレモニーホールは合計で5個あります。

 

そのセレモニーホール(式場)の名前は桜です。

 

2016年の12月に20ヶ月の完全改修期間を経て完全に

リニューアルしていますので、綺麗で新しいセレモニ

ーホールですよ。

 

四ツ木斎場のセレモニーホール桜で家族葬を行う場合、

36名の方がお座りになれます。

 

ですので家族葬も可能ですし、もちろん一般の方をお呼び

する一般葬も執り行う事ができます。

 

セレモニーホールの隣には、同じ建物内にある火葬炉が

すぐにありますので、ご出棺からのながれもスムーズに

行う事ができます。

 

2つ、または3つの式場をつなげる事で、より大規模な

ご葬儀をすることもできます。

 

控室は2階にあり、遺族控え室、宗教者の控室も完備して

います。

 

控室も合計で36名様がお座りになれます。

 

宿泊は仮眠というカタチにはなりますが、2~3名様で

あれば可能です。

 

シャワールームなどはありません。

 

Sponsord Link