お香典はお通夜に持って行くものなのでしょうか?

 

家族葬の受付

Sponsord Link

 

四ツ木斎場の家族葬を例にお通夜の香典についてみていきましょう。

 

お通夜にお香典を持ってくる人が多数

四ツ木斎場の家族葬や一般葬の様子ではどうでしょうか?

 

今の葬儀をみてみると、お通夜にお香典を持ってくる人がほとんどです。

 

それはなぜでしょうか?

 

それはお通夜に参列して、次の日の告別式はほとんどの人が参列しないからです。

 

四ツ木斎場では告別式は、午前中に行われますので、会社員の方などは参列が難しいのです。

 

告別式にお香典を持って来てもよい

告別式にお香典を持って来ても、問題ありません。

 

お通夜に参列できなかった人が告別式に来たら、当然ですがお香典を出しますからね。

 

特にお香典は、お通夜に持って来なくてはいけない、告別式に持って来なくていけない、などという決まりはありません。

 

どちらでもかまわないのです。

 

お通夜、告別式ともに参列する人

お通夜と告別式の両方とも参列する人もいますが、そのようは人の場合は・・・

だいたいがお通夜の晩にお香典はお出ししていますね。

 

葬儀の事前準備をしないのはお金をドブに捨てている・・・

 

葬儀の事前準備をしない人は、お金をどぶに捨てている・・・

ようなものです。

どういう意味でしょうか?

 

今は、お通夜への参列かもしれませんが・・・

いずれはご自分も喪主として葬儀を施行することがあるでしょう。

 

その時は、事前に必ず葬儀の準備をしておきましょう。

事前準備とは言っても難しい事はありません。

やり方さえ知っておけば、誰でもカンタンに葬儀の事前準備ができます。

 

事前準備をしないと、どうなるか?

事前準備をしないということは、基本的に葬儀社に任せるという事になります。

 

そうなるとどうなるでしょうか?

葬儀の費用がどんどん上がっていくでしょう。

他を知らないから交渉もできません。

昔のような高額な葬儀になるでしょう。

ご遺族が葬儀について何も知らない場合、いまだに、昔のように高額な葬儀の流れにしてしまう葬儀社は数多くあります。

 

本当に気を付けてください。

50万高いではかわいい方です。

100万高かったなんてよく聞きますよ。

 

後悔しないように、事前準備で格安で優秀な葬儀社に依頼しましょう。

以下の方法で誰でもカンタンに低価格で素晴らしい葬儀社が探せます。

→2割の人しか知らない!葬儀社の正しい選び方!低価格で評判の葬儀社!

 

業界の人が選ぶ葬儀社・・

以下に業界の人に選ばれている葬儀社を紹介します。

 

 

本当に安い葬儀社です。

専門家も業界関係者も依頼する葬儀社です。

→専門家も驚き!一度は必見!格安!最安値の理由!四ツ木斎場の家族葬!

 

 

Sponsord Link