通夜の日程はどのように決まるのでしょうか?

 

日取り

Sponsord Link

 

四ツ木斎場のお通夜式を例にまとめてみました。

 

通夜の日程は自由

お通夜の日程は自由です。

 

たとえば亡くなってから3日後など決まっているわけではありません。

 

通夜の日程はどう決まる?

お通夜の日程は自由です。

 

ではどのように日程が決まるのでしょうか?

 

それは、葬儀場の空き状況、遺族や宗教者の都合、などなど様々な事情を加味して決定します。

 

葬儀場の空き状況

当たり前の話ですが、葬儀を行いたい葬儀場の空いている日程しか葬儀はできません。

 

空いている日程でお通夜の予約をします。

 

混みあっている葬儀場の場合、お通夜まで一週間ほど待たされる事もあります。

 

宗教者の都合

たとえば、檀家さんの場合、いつもお世話になっているお寺さんに葬儀を依頼します。

 

ご遺族が希望する日程でも、お寺さんがスケジュールによっては葬儀ができない時もあります。

 

宗教者の都合によってもお通夜ができる日程が限られる場合もあります。

 

友引

地域性もありますが、友引は火葬炉がお休みのところもあります。

 

ですので友引の前日はお通夜自体が行われないのです。

 

通夜の日程 まとめ

お通夜の日程は、葬儀場の空き状況、宗教や遺族の都合、友引などのお日柄、などなど様々な理由で決定されます。

 

Sponsord Link