通夜の服装に関してです。

お通夜の服装は私服でいいって聞いたのですが本当ですか?

 

悩む (2)

Sponsord Link

 

四ツ木斎場の家族葬や一般の葬儀における、通夜の服装についてまとめてみました。

 

お通夜が私服で良いというのは真っ赤なウソ!

お通夜に私服で来たら、しろい目でみられ、大恥をかくこと間違いないでしょう。

お通夜は私服でもよいというのは真っ赤なウソです。

 

絶対にやめておきましょう。

 

昔はそう言われた事もあった・・・

実は、昔のお通夜は私服でも良いと言われた事もあったのです。

それはなぜかと言いますと・・・・

 

昔は亡くなると、その日にお通夜、遅くても次の日にお通夜なんてことがざらでした。

昔は自宅で葬儀が当たり前、自宅なので当日でも次の日でもスグに葬儀ができたのです。

なので、突然、お通夜の訃報が耳に入り、そのままお通夜に直行する事が、不思議では無かったのです。

ですので普通の私服などでも、お通夜に参列した人が多かったのです。

 

おかしな話なのですが、そんな事から、逆に喪服を着て行くのは、準備をしてたようで失礼なんて、バカげたことまで、出てくる始末だったのです。

 

現代では喪服は必須

現代では、自宅で葬儀をすることは、ほとんど無くなってきました。

自宅ではなく葬儀場でお通夜と告別式を行う事が多くなったのです。

 

葬儀場の場合、自宅とは違い他の方々も利用しますので、当然ですが空いている日程でしか葬儀はできません。

ほとんどの場合、当日というのはなかなか予約がとれません。

 

葬儀場で葬儀をする場合は、平均して亡くなってから3日後くらいとなります。

そうなると、葬儀の案内も事前にできるので、突然の参列ということはなくなったのです。

 

ですので、現代では、ほとんどの人が喪服で来られます。

 

お通夜の服装・・・最後に大事なことを1つ・・

お通夜の服装、ご参考になりましたでしょうか?

やはり葬儀は喪服ですね。

 

最後にもう1つ大事な事をお伝えさせてください。

 

今の現代社会に、葬儀における大きな問題があります。

実は葬儀をしたくても、できない、という問題があるのです。

 

その理由とは・・・

高額で葬儀がやろうにもできない

高すぎる葬儀に価値を感じないのでやらない

葬儀が高くて後悔しているので、次の時はやらない

などなど・・・

 

葬儀の未来はもうないような状況なのです。

ではどうやったら、葬儀の未来を変えていけるのでしょうか?

 

高額な葬儀でなく、格安で素晴らしい葬儀ができればよいのです。

 

実は・・知っている人は格安葬儀をしています・・

 

実は知っている人は格安葬儀をしています。

葬儀社の数は少ないですが、格安で親切な葬儀社もあるのです。

 

高額な葬儀で後悔する前に、ぜひご覧ください。

→2割の人しか知らない!葬儀社の正しい選び方!低価格で評判の葬儀社!

 

下調べができない人も・・・

格安葬儀社で葬儀をする場合は、どうしても事前の下調べが必要になります。

ですが、どうしても下調べができない場合もあります。

 

そんな時はどうすればよいでしょうか?

以下に専門家の評価も高い、四ツ木斎場で格安の葬儀社をご紹介します。

ぜひ、ご参考に。

→専門家も驚き!一度は必見!格安!最安値の理由!四ツ木斎場の家族葬!

 

 

Sponsord Link