四ツ木斎場で家族葬を執り行う時に親族がすべき事とは、

どんな事があるでしょうか?

 

連絡

Sponsord Link

 

親戚がお亡くなりになったら、連絡を受けますよね。

連絡を受けてから、家族葬の終了まで、親族がすべきことを

まとめてみました。

 

死亡時の親族がすべきこと 駆けつける

これは、場合によります。

本当に近い親族の場合ですね。

 

本当に近い場合は、危篤状態の時に連絡を受けると思います

ので、時間があれば駆けつけましょう。

 

しかし、都合によってすぐに駆け付ける事が難しい場合も

ありますね。

 

家族葬までの親族がすべきこと① 故人との対面

死亡時に立ち会えなかった場合は、安置された後に、故人と

対面しお線香をあげに訪問しましょう。

 

家族葬までの親族がすべきこと② 枕花や供花

ご安置の間にお供えする枕花や、葬儀中の供花をご遺族に依頼

しましょう。

 

家族葬の時に親族がすべきこと お香典

葬儀、つまり家族葬の時にお香典を持っていきましょう。

目安としては、

かなり近い親戚 5万から10万

普通の親戚 約3万

遠い親戚 約1万

くらいでしょう。

 

家族葬の時に親族がすべきこと 出欠

お食事の準備などもありますので、お通夜の時に、告別式の

出欠などを、早めに喪主に伝えましょう。

 

Sponsord Link