よく葬儀、家族葬で近親者のみにで執り行いました。という

ご案内を見た事があります。

 

親族・親戚

Sponsord Link

 

近親者とはどこまでをいうのでしょうか?

何親等までがそれにあたるのか?

まとめてみました。

 

近親者の意味

近親者の意味を調べると、血縁関係の近い親族という

説明であり、特に何親等までの親族と決まっているわ

けでは、ありません。

 

親族でもお付き合いの程度によるところもあり、一概

に何親等という事だけでは、決められないのです。

 

近親者で葬儀を執り行った

近親者で葬儀を執り行った、という場合、

何親等までの親族が家族葬に参列されたかは、

ケースバイケースであり、それぞれで異なる

でしょう。

 

近親者という表現の中に、家族のように親しく

していた、血縁のない他人を含む場合もあり、

どこまでを含むのかは、かなり曖昧になって

きています。

 

近親者を一般的にとらえると

近親者という言葉を一般的にとらえると、

3から4親等くらいまでが、近親者と言えるの

ではないでしょうか?

 

ぼったくりが横行中!

ぼったくりが横行中とはどういうことでしょう。

 

四ツ木斎場で家族葬や一般葬をご検討の方は注意してください。

 

四ツ木斎場で葬儀をする場合でも、依頼する葬儀社によっては、かなりの高額となります。

 

昔のままの高額請求で、いまだに葬儀をしている葬儀社はたくさんあります。

 

200万とか300万払った後ではもう遅いですよ。

→専門家も驚き!一度は必見!格安!最安値の理由!四ツ木斎場の家族葬!

 

大手でも高額な葬儀社があります

大手でも高額な葬儀社が多いです。

 

家族葬でも300万なんて話もよくききます。

 

大手互助会なんかそうですね。

 

互助会を解約して低価格で優秀な葬儀社に依頼した方がよっぽど安いでしょう。

 

知っているか知らないかだけで、払う金額がかなり違います。

その額はおそろしいほどですよ。

→2割の人しか知らない!葬儀社の正しい選び方!低価格で評判の葬儀社!

 

Sponsord Link