遺族とはどこまでを言うのでしょうか?

 

遺族 (2)

Sponsord Link

 

四ツ木斎場の家族葬を例に遺族について、まとめてみました。

 

遺族の定義は?

遺族とは死亡した者の家族や親族、、、といった説明もあります。

 

それはどこまで?と聞きたくなるくらいあいまいですね。

 

法律の種類によっても、遺族の範囲があいまいなようです。

 

葬儀の場合の遺族は?

葬儀の場合の遺族はどうでしょうか?

 

四ツ木斎場の家族葬の場合をみてみましょう。

 

たとえば、お父さん、お母さん、長男、長女、の4人家族で暮らしているとします。

 

子供達は、まだ結婚していない。

 

このような状態で、お父さんがお亡くなりになったら、遺族は間違いなく、妻と2人の子供です。

 

生計を共にしているか?

あと遺族の考え方の1つに、生計を共にしているか?という考え方があります。

 

生計を共にしている場合、遺族と考えるという事です。

 

ですが、これも1つの考え方のようです。

 

例えば、お亡くなりになった父親の息子が、結婚はしていないが社会人として独立して1人暮らししている場合。

 

この場合、生計は共にしていないので、遺族ではないとは言えませんよね。

 

むしろ、息子さんなのだから、葬儀の観点からみると間違いなく遺族ですよね。

 

遺族 まとめ

遺族の範囲は、それぞれの状況や場合によって異なると言えるでしょう。

 

遺族とは、ここまでとは言えない、というのが実際のようです。

 

知ってる人だけ葬儀は安くなるって知ってますか?

 

葬儀は知ってる人だけ安くなります。

 

知らない人や調べない人は、おそらく安くはすまないでしょう。

 

葬儀って少し前まで高額の葬儀社しかありませんでした。

最近は低価格で優秀な葬儀社も出て来たのですが、まだまだ少ないです。

 

いまだに昔の高い金額の葬儀を行う葬儀社も多いので・・・

何も考えずに葬儀を適当に依頼してしまうと、後からすごく後悔する事になるのです。

 

だけど方法さえ知っていれば、低価格で親切な葬儀社に葬儀を依頼できるのです。

→2割の人しか知らない!葬儀社の正しい選び方!低価格で評判の葬儀社!

 

四ツ木斎場で最安値の葬儀社

四ツ木斎場で最安値の葬儀社です。

 

これ以上、安い葬儀社はみたことがありません。

 

ぜひ、参考にしてください。

→専門家も驚き!一度は必見!格安!最安値の理由!四ツ木斎場の家族葬!

 

Sponsord Link