四ツ木斎場で行われている家族葬へ参列する場合のマナー

など注意点はあるのでしょうか?

 

マナー1

Sponsord Link

 

基本的に四ツ木斎場で行われる葬儀は一般葬でも家族葬

でもマナーはほとんど一緒ですが詳しくみてみましょう。

 

家族葬の服装のマナーにおいては、黒の喪服、お香典、

数珠、黒い靴、など一般葬と変わりはありません。

 

昔のお通夜では、黒の喪服で来られる人はほとんどいま

せんでした。

昔はたいていの場合、お通夜は亡くなった当日、または

次の日など早急に行われていました。

ですので、みなさんお通夜には急遽駆けつける状況であり

黒の喪服など準備する時間もありません。

逆にのんびり黒の喪服で来たなら、マナー違反ととられる

事態も・・・・

 

しかし、現在ではお通夜までは時間もあり、黒の喪服で

参列する事が当たり前になっています。

黒の喪服でなければ、常識知らずと白い目で見られる事は

間違いないでしょう。

 

その他、お焼香のマナーなども一般葬も家族葬の同様です。

 

家族葬の場合に気をつけなければならない点は、葬儀に参列

していいのか?という点です。

 

家族葬の場合、家族だけでゆっくりとお別れがしたい・・・

という場合が多く、人づてに聞いたから突然、参列するという

事がマナー違反になりかねないのです。

 

ご家族の気持ちを察する事も大事なのです。

 

Sponsord Link