葬儀の受付がいない場合は、どうすればよいでしょうか?

 

葬儀の受付

Sponsord Link

 

四ツ木斎場の葬儀や家族葬の受付を例にまとめてみました。

 

家族葬なら受付は葬儀社が・・・

家族葬の場合、受付は葬儀社が行う場合もあります。

 

葬儀社によるとも思いますが・・・・

 

受付は受けるだけ葬儀社が・・・

家族葬の場合は、お香典の数も多くても20くらいです。

 

ですので葬儀社が受付で受けるだけ受けます。

 

お金の計算は責任が伴うので行いません。

 

お香典を受けるだけ受けて、通夜や告別式が終わった後に、そのまますぐに喪主にお渡しします。

 

ですので家族葬の場合は、受付を受ける人は遺族・親族でなくてもかまいません。

 

ですが責任が伴うので、受付をしない葬儀社もあるかと思います。

 

一般葬の場合は受付のお手伝いが必要

一般葬の場合は、必ず受付の人を依頼しましょう。

 

町会でも友人でも遺族でも親族でも、孫でも誰でも大丈夫ですので依頼しましょう。

 

一般葬の場合は、人数も多いので多忙な遺族のために、お香典の金額もすべて計算しておくことが大事です。

 

受付は最低2人以上、人数が多ければ、もっと人数は必要です。

 

窓口の方々と計算の方々に分かれて受付を行います。

 

Sponsord Link