家族葬は喪主なし、でも良いのでしょうか?

喪主はなし、でもかまいません。

 

喪主

Sponsord Link

 

四ツ木斎場の家族葬を例に、家族葬の喪主なし、についてまとめてみました。

 

家族葬、喪主なしで良い理由

家族葬の場合、喪主はいなくてもかまいません。

それは、なぜかというと・・・・

 

葬儀式における喪主のすべき役割を、家族葬の場合は、省略できるからです。

 

葬儀式における喪主の一番大事な役割と言えば、出棺の時の挨拶や、お食事の前の挨拶です。

基本的に喪主の一番大事な仕事は挨拶ということです。

 

家族葬などの場合、親族などの了承があれば、それらを省略する事は可能です。

それさえ、省略して無くしてしまえば、特に喪主として誰かをたてる必要はありません。

 

形式的には喪主が必要となる場合も・・

家族葬の場合、喪主はなしでもよい、といいましたが・・・

以下のような形式的な対応として、必要となる場合もあります。

 

会葬礼状の喪主記入

たとえば、会葬礼状の喪主記入です。

返礼品に一緒に入れる会葬礼状、つまり参列者へのお礼状です。

その会葬礼状には、お礼の挨拶ですので、喪主の名前があるのが、一般的にです。

 

ですので、形式的に名前を入れるだけなので、問題なければ、喪主の記入だけしてもよいでしょう。

 

申込書などの喪主記入

たとえば、葬儀場の申込用紙など、葬儀に関連する申込書には、喪主を記入する必要がある場合があります。

そこに喪主と書いてあるから、何かをしなければいけない訳ではありません。

 

あくまでも葬儀の代表者としての名前が欲しいだけなので、これらの場合も、形式的に記入するだけです。

 

喪主なし・・・・それと最後に・・・

家族葬は喪主なしでもOK、についておわかりいただけたでしょうか?

お役に立てたなら、うれしいです。

 

それと最後に、1つ、言わせてください。

みなさんも、きっとかかわってくる、大事な事だと思います。

 

実は、いま、葬儀をしない人が、どんどん増えています。

その理由はなんでなのでしょうか?

 

その答えは・・・・葬儀費用が高すぎるのです。

葬儀費用が高すぎて、葬儀ができない人もいれば、葬儀にその価値を感じずに葬儀をやりたくない、という人もいるわけです。

 

大事な人の葬儀がろくにできない・・・

こんな悲しい事はありませんね。

 

これは、どうにかして解決しなければなりません。

 

・・・ですが、実は、これをすでに解決して、うまく葬儀をしている方もいるのです。

ぜひ、以下の方法をご覧ください。

 

葬儀離れを解決!!

高額な葬儀が理由で、葬儀離れが激しい、日本社会!!

実はその裏で、格安で素晴らしい葬儀をしている人達がいるのです。

 

知らない人がほとんどだと思いますが、知っていれば安くて素晴らしい葬儀がみんなできるのです。

 

 

ぜひ、以下の方法を知ってください。

大事な人の葬儀が、費用が高いからできない、なんて事がないように・・・

→2割の人しか知らない!葬儀社の正しい選び方!低価格で評判の葬儀社!

 

突然の場合でも・・・

 

突然の場合で、高額葬儀に依頼するしかないような状況でも・・・

 

以下をご覧ください。

四ツ木斎場で格安で親切な葬儀社です。

評判も良いので、ぜひ、ご参考にしてください。

→専門家も驚き!一度は必見!格安!最安値の理由!四ツ木斎場の家族葬!

 

 

Sponsord Link