最近では、ほとんどの場合で花祭壇になってきています。

 

祭壇2

Sponsord Link

 

四ツ木斎場の家族葬や一般葬の祭壇を例に、まとめてみました。

 

生花祭壇がほとんど

最近の四ツ木斎場の家族葬や一般葬を見てみると・・・・

 

ほとんどが生花の花祭壇です。

 

白木の祭壇は、ほとんどみかけなくなりました。

 

花祭壇で造花?

一時期、花祭壇は花祭壇でも造花を使用している葬儀社もありました。

 

しかし、造花の場合、使い回しである事実と、なんともいえない虚しさなどから、最近は見なくなりました。

 

白木の祭壇は互助会?

いまだに白木の祭壇を見かけるのは、互助会などの会員制度の葬儀社です。

 

会員制の場合、昔に白木の祭壇でコースプランを契約しているためです。

 

ですので、現代の流行りの生花祭壇ではなく、昔ながらの白木の祭壇になってしまうのです。

 

新しい葬儀社は生花祭壇

最近では、どんどん新しい葬儀社が設立されています。

 

新しい葬儀社に葬儀を依頼すると、ほとんどが生花祭壇です。

 

それはなぜでしょうか?

 

白木の祭壇が使い回しなどでイメージが悪かったり・・・

生花祭壇の方がイメージが良かったり・・・

葬儀社も保管管理しなければならなかったり・・・

 

結局、お客様も葬儀社も白木祭壇を求めていないのです。

 

Sponsord Link