四ツ木斎場で家族葬を執り行う場合、通知する範囲で

正しいのは?

 

通知

Sponsord Link

 

家族葬における通知の範囲をまとめました。

 

家族が最優先

当たり前ですが、家族葬を検討中の場合、通知する順番は、

家族が最優先になります。

 

最小単位での家族葬は、本当に同じ家で暮らしている家族

だけです。

 

家族の次は親族

家族葬を執り行う場合、声をかけるのは、家族とその親族

が一般的です。

 

こっちの親族には声をかけて、あっちの親族には声をかけ

ないといった事はトラブルの原因です。

絶対に避けましょう。

 

家族と親族だけで家族葬をする場合、人数は20名から30名

くらいが、一番多いですね。

 

家族葬の場合、この通知の範囲が一番多いです。

 

家族、親族と本当に親しい友人

家族葬の場合、家族、親族以外は通知する必要はあ

りません。

もし声をかけるのであれば、一般葬で行いましょう。

 

誰が呼ばれて、誰が呼ばれないも、トラブルの原因に

なります。

 

しかし、例外もあります。

家族、親族以外でも、まるで家族のように親しい人が

いる場合です。

この場合は、声をかけても問題ないでしょう。

 

家族の正しい通知範囲

家族葬の正しい通知範囲は、

「家族と親族」

でしょう。

 

ほとんどお付き合いもなく、親族の誰からも

非難の声があがらないのであれば、家族だけ

でも問題ないでしょう。

 

Sponsord Link