無宗教で四ツ木斎場で家族葬を執り行う場合の注意点を

わかりやすく説明していきますね。

 

無宗教

Sponsord Link

 

無宗教の意味を確認

無宗教の意味とはなんでしょう。

 

通常、葬儀や家族葬というのは宗教の信仰や考え方によって

定められている式次第に沿って行われます。

 

しかし、無宗教ですから上記のような式次第はありません。

 

何にも縛られる事もありません。

 

無宗教とは、とにかく何をしてもよく自由なのです。

 

無宗教なので宗教者はいません

仏教であればお坊さん。

キリスト教であれば牧師さんや神父さん。

神道であれば神主さん。

 

それぞれ、宗教に基づいた葬儀の場合は、上記のような葬儀

を執り行ってくれる方がいます。

 

しかし、無宗教なので、宗教者を招く必要はありません。

 

無宗教の葬儀は何をすればよいのか?

無宗教の葬儀の場合、何をすればよいのでしょう?

 

実は、これが一番難しいのです。

 

無宗教なので宗教者は葬儀や家族葬に招きません。

 

ですので、宗教者が行う儀式はありません。

 

その間、何をするのか?

それは自由です。

 

黙祷してもいいし、仏教にならってお焼香してもいいし、

お別れの挨拶をしてもいいし、献花してもいい・・・

 

場合によっては、する事がなく、間延びしてしまう場合

もあるので注意が必要です。

 

Sponsord Link