供花とお香典は両方とも出すべきか?

これは迷うところですよね。

 

生花

Sponsord Link

 

四ツ木斎場の葬儀や家族葬を例に、供花とお香典について説明していきます。

 

お香典は参列したら出すのが常識

お香典は、葬儀や家族葬に参列したら出すのが常識ですね。

香典の金額は付き合いの度合いや地域性により異なります。

 

供花は遺族、親族が出す

四ツ木斎場の葬儀や家族葬をみてみると・・・

供花を出している人達は、遺族、親族の方がほとんどです。

 

子供一同や孫一同、○○家一同、個人名、夫婦連名などで出しますね。

 

会社関係からも供花がでる

故人や遺族の会社関係から供花が出る事が多い。

 

故人が現役の会社員だったら、その会社から・・・

故人の子供達の会社からも供花がよく出ます。

 

会社の場合は、代表取締役の名前が表記されますが、代表個人ではなく会社から供花を出しているというスタンスです。

 

供花と香典を両方出す人は・・

供花と香典を両方出す人は・・・

基本的には親族だけです。

 

親族ではないが、大変、故人と仲が良かったという場合も、お香典と供花と両方を出される方がいます。

 

会社場合は、法人として供花を出す事が多いですが、お香典は出しません。

お香典は社員などが個人名で出します。

 

弔電

弔電は、参列できなかった親族や友人、そして法人から、届く事が多いです。

参列している人は、あまり弔電を出すことはありません。

 

参列する場合

参列する場合、ほとんどの場合で、お香典だけで大丈夫です。

供花は気持ちです。

 

故人のために、どうしても供花をお出ししたければ、葬儀社に依頼していくらでも注文できますよ。

 

事前の準備で葬儀が半額に・・

みなさん、これを機会に、以下の事を心にとどめておいてください。

葬儀や家族葬は事前準備で半額になります。

 

もしもの時に準備が整っていないと、とんでもない金額を払う事になりますよ。

これは本当の話しです。

 

何も準備していなくて、葬儀代が50万多い、100万多いとか、これは冗談ではありません。

 

以下の準備でどれだけ安くなるか・・

 

以下の準備でどれだけ安くなるかご覧ください。

 

葬儀とは基本的に高額な儀式で、それは今も変わりません。

いまだにほとんどの葬儀社が、変わらず高いのです。

 

しかし、正しく探せば格安で優秀な葬儀社があるのです。

→2割の人しか知らない!葬儀社の正しい選び方!低価格で評判の葬儀社!

 

四ツ木斎場の格安葬儀社

以下は、四ツ木斎場の格安葬儀社です。

 

探すのが大変、時間がないという方、高額な葬儀に後悔しないように・・・

以下を見てください。

→専門家も驚き!一度は必見!格安!最安値の理由!四ツ木斎場の家族葬!

 

 

Sponsord Link