家族葬を執り行う友人や同僚に、お悔やみのメールや手紙を

送りたい。

 

手紙

Sponsord Link

 

だけどなんて書けばいいかわからない。

なんて場合がありますよね。

 

今回は特に親しい間柄の場合の、メールや手紙の書き方を

ご紹介します。

 

かしこまった定型文はネットで探せば簡単に出てきますか

らね。

 

親しい場合は定型文はどうなの?

親しいご友人にお悔やみのメールや手紙を送る時に・・・

 

「このたびはご愁傷様でございました。

心より故人様のご冥福をお祈りいたします。」

 

なんて書いたら、逆に他人行儀でお互いにしっくりいき

ませんよね。

 

できれば、もっとご友人の心に届く文章の方がいいですよね。

 

頑張ってね・・はやめましょう。

つらいと思うけど、頑張ってね・・・は、できれば

言うのはやめましょう。

 

喪に服する時に頑張る必要はありません。

 

心の底から悲しみ、ご冥福をお祈りする事でグリーフケア

にもつながります。

 

頑張って悲しみを耐えたり、何かを我慢する必要はありません。

 

力になりたい・・・

ご友人のお身内のご不幸です。

何か力になりたい、と考えるのは普通ですよね。

 

「手伝える事があれば、遠慮なく言ってね」

「力になりたいから、何でも言ってね」

などなど

 

素直に力になりたい気持ちを表現しましょう。

 

Sponsord Link