葬儀における親族の席の配置はどのようにすればよいのでしょうか?

 

祭壇

Sponsord Link

 

四ツ木斎場の家族葬や一般葬などの葬儀の席の配置についてみていきましょう。

 

席の配置

葬儀式場における席の配置はほとんどが以下のパターンです。

 

通常、お焼香所は、中央にある祭壇の目の前に配置します。

 

焼香所にかからないように葬儀場の中央を空けて、右側と左側の両方に席を配置します。

 

向かい合いで座る

お焼香所のスペースとなる葬儀場の中央部分をあけて、右側と左側の両側に席を配置します。

 

この時に、右側と左側の席を向かい合わせに配置する場合があります。

 

右側と左側の遺族、親族の席を向かい合わせにする理由とはなんでしょうか?

 

向かい合わせにすることで、会葬者の方のお顔をしっかりと確認できますし、しっかり頭を下げてお礼をする事ができます。

 

祭壇の方へ前向きで座る

お焼香所のスペースとなる葬儀場の中央部分をあけて、右側と左側の両側に席を配置します。

 

右側と左側の両方とも、前向きで座る場合もあります。

 

前向きで座る場合は、参列者の確認が難しい場合もあります。

 

一般の参列者がいない家族葬などの場合は問題ありませんが、一般葬の場合は向かい合いが良いかもしれません。

 

Sponsord Link