たとえば葬儀や家族葬を行う場合、日数はどれくらいかかるのでしょうか?

 

カレンダー

Sponsord Link

 

四ツ木斎場で家族葬や葬儀を行う場合の日程やその流れをまとめました。

 

日数は何日かかるの?

家族葬や葬儀の日数は、通常、お通夜と告別式の2日間です。

 

四ツ木斎場の場合、お通夜は午後6時からが多いですね。

 

告別式は次の日の午前10時か11時からが主流です。

 

死亡してから葬儀が終わるまでの日数は?

死亡してから葬儀や家族葬が終わるまでの日数はどれくらいかかるのでしょうか?

 

四ツ木斎場を例に説明します。

 

死亡してから葬儀や家族葬が終わるまでの日数は、四ツ木斎場の混み具合により異なります。

 

四ツ木斎場で葬儀や家族葬を行う葬儀式場は全部で5つしかありません。

 

たとえば葬儀を行いたい希望の日に、5つの葬儀式場すべてに予約が入っていれば、その日は利用できないわけです。

 

予約が空いている日程しか葬儀を行う事ができないのです。

 

四ツ木斎場はよく利用される葬儀場ですので、平均の待ち日数は2~3日です。

 

冬場の混雑時では1週間ほど待つ事も少なくありません。

 

葬儀や家族葬の日数は? まとめ

葬儀も家族葬も、葬儀式じたいはお通夜と告別式で2日間のみです。

 

しかし、葬儀場の予約などがすぐ取れない場合は、亡くなってから葬儀や家族葬が終わるまで1週間以上かかる事もあります。

 

Sponsord Link