供花は親族に出してもらう方がよいのでしょうか?

 

供花

Sponsord Link

 

四ツ木斎場の家族葬を例に、親族の供花についてみていきましょう。

 

供花は伝える事が大事

供花は伝える事が大事・・・・

いったいどういうことでしょうか?

 

当日の注文

四ツ木斎場の家族葬で経験したことです。

 

四ツ木斎場で行われる家族葬のお通夜に、親族が到着してからのことです。

 

祭壇にあがっている他の親族の供花をみて・・・

 

私は聞いていない・・・・

 

今からでも供花を注文したい、となるわけです。

 

家族葬だから、遺族が気を使って、一部の親族に供花の件を伝えていなかったんですね。

 

最悪は供花を出せない

葬儀社にもよりますが・・・

 

最悪の場合、お通夜の当日に供花の注文を受けても、受け付けられない場合もあります。

 

お通夜の日に対応できる事もありますし、または次の日の告別式までに準備する場合もあります。

 

供花は事前に知らせる

供花の当日注文を避けるためにも、必ず出席される親族には、供花の件を伝えておくべきです。

 

供花を出しますか?と直接、聞くのは、聞きづらいと思います。

 

ですので場所や日程を知らせる訃報の下に、供花のご注文はコチラ!と記載しておくとよいでしょう。

 

それは、言いやすい親族に伝えて、その他は、親族同士で供花の件を話してもらうと良いでしょう。

 

頭の片隅に置いといて・・・

いざという時のために・・・・必ず役に立ちます。

 

1回でいいので、目を通しておいてください。

 

四ツ木斎場で低価格で良心的な葬儀社です。

→専門家も驚き!一度は必見!格安!最安値の理由!四ツ木斎場の家族葬!

 

事前の準備で天国と地獄

葬儀は事前の準備をするかしないかで、天国と地獄ほどの差がでる事があります。

 

お近くの優良な葬儀社を知っているだけで、かなり安くなった・・・・

 

地元の葬儀社に依頼すると100万円以上高くなったなんて、よくある話しです。

 

→2割の人しか知らない!葬儀社の正しい選び方!低価格で評判の葬儀社!

 

Sponsord Link