家族葬でも常識や大切なポイントがあります。

 

常識

Sponsord Link

 

常識をあらためて確認して、恥かしい事にならないようにしましょう。

四ツ木斎場の家族葬を例に説明していきます。

 

家族葬の流れは普通の葬儀と変わらない

四ツ木斎場の場合、家族葬だからといって、葬儀の流れなどは、普通の葬儀と変わりません。

 

四ツ木斎場ではない葬儀場の場合でも同じです。

 

お通夜と告別式を執り行う事も一緒です。

 

お坊さんがする事も一緒です。

 

葬儀のマナーもすべて一緒です。

 

開式の時間なども同じです。

 

家族葬と普通の葬儀の違いは?

では家族葬と普通の葬儀の違いは・・・

 

参列する人数が異なります。

 

家族葬では親族や本当に親しい方々のみの参列になる事が多いですが・・・

 

普通の葬儀の場合は、関係先全体に葬儀の案内をするので、当然、参列者は多くなります。

 

参列者が多くなるということは、お焼香や食事の時間も長くなる事が予想されます。

 

また、人数が多くなる分、お香典という収入も増えますが、料理やお返し物など出費も増えます。

 

家族葬の常識とは・・・まとめ

家族葬の常識とは・・・、普通の葬儀と変わらないという事です。

変わるのは、参列する人数だけです。

 

Sponsord Link